四十肩・五十肩の辛い症状を鍼灸治療で

42歳男性 会社員の方からの質問

右肩が慢性的に痛く、適切に動かせない状態ですが、整形外科医からは異常が見当たらず、治療の提案もありません。

このような状況で、整骨院や整体院を受診し、不調の原因を特定し、改善できる可能性はあるのでしょうか?お聞きしたいです。

回答

✔ 髪を洗う時に肩が痛い

✔ 肩が痛くて着替えが辛い

✔ 夜、痛みが強くて眠れない

✔ 夜寝るときに痛い

✔ 手を腰に回すと肩が痛い

✔ つり革を持つと肩が辛い

四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれ、痛みと動きの制限を伴う肩の関節の炎症です

1. 急性期

痛みが強く夜間の痛みも出る「急性期」が最初の1~2か月続きます

2. 慢性期

その後「慢性期」になると徐々に症状は和らぎますが動きの制限は残ります。

この慢性期も更に2~3か月続きます

3. 回復期

その後の「回復期」に入りますが、この回復期も更に半年ほど続きます

四十肩・五十肩の鍼灸治療

鍼灸治療

鍼灸治療は、四十肩・五十肩の原因となる筋肉の硬さを取るだけでなく、痛みの緩和に効果的です。

鍼の刺激は、「β-エンドルフィン」という鎮痛作用のある物質を活性化させることで、痛みを効果的に軽減することもできるのです。

また、日常的に強いストレスにさらされている方は、首や肩の筋肉が緊張しやすく四十肩・五十肩の原因になってしまいます。

鍼灸には、脳細胞をはじめとした神経細胞を回復させる働きもあるため、疲れた心にもよく効きます

関連記事

  1. 肩こりや首の痛みに、東洋医学のアプローチ

    肩こりや首の痛みに、東洋医学のアプローチ

  2. 肩こりを一時的だけでなく長期的な改善へ

    肩こりを一時的だけでなく長期的な改善へ

  3. この夏の時期足のだるさ気になりませんか?

  4. カイロプラクティックとは?

  5. 秋バテ対策とは

  6. 慢性的な肩こりと頭痛

    慢性的な肩こりと頭痛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。