スポーツ障害の野球肩の症状と原因と治療法

スポーツ障害の野球肩の症状と原因と治療法

スポーツ障害の野球肩は、練習のやり過ぎや無理な投球などが原因で発症します。

野球だけでなく、アメリカンフットボールやバレーボール、ハンドボールなどの球技でも発症し、肩が痛くなる症状が出ます。

野球肩を治療するには、スポーツ障害の治療を行っている整形外科や整骨院で治療を受けることが必要になります。

普段からストレッチをしておくと予防につながり、サポーターを装着して練習をすることも予防法として有効なようです。

関連記事

  1. 針施術で悩んでいた肩こりを解消

  2. カイロプラクティックとは?

  3. 針施術は、自律神経を正常な状態に戻す効能があります。

  4. ぎっくり腰の鍼治療

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。