肩こりの原因と治療:鍼灸のアプローチ

46歳女性 会社員の方からの質問

肩こりが慢性的で、整形外科を受診しましたが特別な問題は見当たらず、更年期の影響かもしれないと考えています。

そのため、整体院に興味を持っていますが、以下の点について質問があります。

肩こりの改善には、平均的に何回ほど通院が必要でしょうか?

症状が改善した後、維持するためには通院の頻度は一般的にどれくらいが適切でしょうか?

ご教示いただければ幸いです。

回答

肩こりの原因は多様ですが、頚椎と肩関節の器質的な問題がなければ、筋肉や神経や内臟反射痛などは考えられます。

筋肉や靭帯や神経痛なら、鍼灸は得意分野なので、一応ご来院をおすすめします

通院ペースに関しては、痛みやコリ感が強い時、週に2ー3回程度で、症状は軽くなったら、週に1回程度、さらに調子が楽になったら、2週に1回通院してもよろしいと思います。

筋肉の原因か内臓反射痛か、一度来院をおすすめします

関連記事

  1. 肩こりの謎に迫る:原因とタイプ

  2. 針施術で悩んでいた肩こりを解消

  3. 肩こりや首の痛みに、東洋医学のアプローチ

    肩こりや首の痛みに、東洋医学のアプローチ

  4. 秋バテ対策とは

  5. 四十肩・五十肩の辛い症状を鍼灸治療で

  6. 慢性的な肩こりと頭痛

    慢性的な肩こりと頭痛

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。