ぎっくり腰の鍼治療

ぎっくり腰の痛みの原因はさまざまで、腰の中の動く部分(関節)や軟骨(椎間板)に許容以上の力がかかってけがしたような状態(捻挫、椎間板損傷)、腰を支える筋肉やすじ(腱、靱帯)などの柔らかい組織(軟部組織)の損傷などが多いと考えられます。そのような場合でも鍼治療が有効です。痛すぎてマッサージで指圧できない場合でも、鍼で硬くなった周りの筋肉を緩めてあげることによって痛みの軽減や早期回復につながったりします。

関連記事

  1. 膝の痛みの鍼治療

  2. 針施術は、自律神経を正常な状態に戻す効能があります。

  3. 腰痛の原因として考えられるストレスや疲労について

    腰痛の原因として考えられるストレスや疲労について

  4. 腰痛を緩和するためのウィリアムス体操と治療院への相談

    腰痛を緩和するためのウィリアムス体操と治療院への相談

  5. 痛みと辛さからの解放を求めて

    痛みと辛さからの解放を求めて

  6. 秋バテ対策とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。